ムスィーバ(災害・災難)にどのように対応するか?

Originally posted 2020-02-27 10:10:46.

本日のフトバのトピックは、ムスィーバ(災害・災難)にどのように対応するか?

ムスィーバとは災害や災難のことです。

日本においても新型コロナウイルスの拡大が懸念されている毎日ですが、私たちはアッラーに目を向け、彼の助けを求め、忍耐強く、アッラーの命令以外には何も起こらないことをもう一度意識する必要があるでしょう。もちろん、私たちは感染した人やすでに亡くなった人の遺族の気分を悪くさせたり、彼らがすべて罰せられていると主張したりすることはありません。個人的なものであれ国家的なものであれ、すべての災害は、罰または慈悲の手段となる可能性があります。イスラームは日本を含め世界中の人々に希望を与えます。イスラームは私たちのためにお守りの祈り(ドゥア)を与えます。

私たちが恩恵を受けるドゥアのリストがあります。私たちの日常生活の中でこれらを学び、実践するために少し時間をかけましょう。

No.1:

إِنَّا لِلهِ وَإِنَّا إِلَيْهِ رَاجِعُونَ ، اللَّهُمَّ أْجُرْنِي فِي مُصِيبَتِي ، وَاخْلُفْ لِي خَيْرًا مِنْهَا

「私たちはアッラーに属し、彼に帰ります。アッラーよ、私の苦しみを償い、より良いものに置き換えてください」

Muslim 918; Abu Dawud 3119, At-Tirmidhi 3511 and Ibn Majah 1598

この嘆願をアッラーと言う者は誰でも、アッラーはそれをより良いものに置き換えるでしょう。

No.2:

بِسْمِ اللهِ الَّذِي لَا يَضُرُّ مَعَ اسْمِهِ شَيْءٌ فِي الْأَرْضِ وَلَا فِي السَّمَاءِ وَهُوَ السَّمِيعُ الْعَلِيمُ

「アッラーの御名において、彼の御名なくしては、地球にも天にも害を及ぼすことはありません。彼は全聴者、全知です」 Abu Dawud 4/323, At-Tirmidhi 5/465, Ibn Majah 2/332

朝に3回唱えた人は、夕方までに災難に悩まされることはありません。また、夕方に3回唱えた人は、朝までに災難に追い込まれることはありません。

No.3

حَسْبُنَا اللَّهُ وَنِعْمَ الْوَكِيلُ

「アッラーがいれば十分です。かれは究極の保護者なのです」Qur’an  3:173

本当にアッラーを信頼する者は誰でも、アッラーは彼を大事にし、アッラーは人間が予期しなかった方法で彼を養うでしょう。アッラーはあなたの災難を引き受け、彼はあなたの苦痛を引き受け、アッラーはあなたのために逃げ道を作るでしょう。

ではワキールとは何でしょうか?保護者、受託者、代理者。ワキールは、他に弁護者としても翻訳することもできます。それはあなたが全幅の信頼を置くことができる方です。

ムスリムは、アッラーはアルワキールだと信じています。Hasbi’Allahu wa ni’mal wakeelと言うとき、あなたはアッラーだけで十分であり、彼で十分であることを認識しています。ただし、何もしないで神頼みするわけではありません。困難に直面したとき、ムスリムとしての私たちは、状況を変えるために私たちの力でするべきこともしなければなりません。最善を尽くしてから、アッラーに信頼を置き、彼があなたの面倒を見てくれると心から信じてください。

ある日、預言者ムハンマド(ﷺ)は、ベドウィンがラクダを縛らずに残していることに気付きました。彼はベドウィンに尋ねました、

「ラクダを結ばないのですか?」ベドウィンは答えました、「私はアッラーを信頼しました」その時、預言者(ﷺ)は「ラクダを結んでから、アッラーを信頼しなさい」と言いました、とあります。ティルミディ2517

このハディースからの教訓は、問題を解決するために利用可能なすべてのリソースを使用する必要があり、結果としてアッラーを信頼する必要があるということです。「アッラーは、自分自身にあるものをその人が変えるまで、人々の状態を変えない」(Quran13:11)と述べています。問題を解決するために自分の努力をしなければならないことを簡単に忘れることがあります。本当に何かを達成したい場合、努力が必要です。アッラーを信頼し、彼が私たちを助けてくれると確信しなければなりません。

アーイシャが中傷で告発されたとき、彼女がそれに応じて発した最初のフレーズは、Hasbi’Allahu wa ni’mal wakeelでした。するとアッラーは、彼女を保護するために、クルアーンの20節を地上に送りました。これは、あなたがアッラーに信頼を置くとき、あなたの心からそうするとき、あなたが誠実にそれを言うとき、あなたを守ってくださるよう主にお願いするとき、本当に起こることを示しています。

苦難の今こそこのドゥアを使いましょう。きっとアッラーが私たちの面倒を見て、私たちの問題を処理するでしょう。彼は確かに私たちに出口を提供します。

No.4

لا إلهَ إلا أنتَ سُبْحَانَكَ إِنِّي كُنْتُ مِنَ الظّالِمِيْنَ

Quran 21:87

「またズー・アルヌーン(ユーヌス)を(思い出しなさい)。かれが怒って出かけ、われらがかれに定めを下すことはないと思っていたとき、(結局)暗闇の中で、かれは(こう)祈りました。あなたの他に神はいません。あなたを賛美します。本当にわたしは不正を行なう人でしたと」

これは預言者ユーヌスのドゥアで、彼は彼の民をあきらめ、アッラー命令を無視して都市を去りました。これは犯罪でした。ユーヌスは船に乗り込みました。嵐が船を襲い、一度ここに来た人は、乗船している人が多すぎることに気づきました。抽選して負けた後、ユーヌスは船から海に飛び出さなければなりませんでした。これは夜の暗闇の中で起こり、雷雨が発生していました。ユーヌスは海に深く落ち、そこで大きな魚に飲み込まれました。アッラーは大きな魚を刺激して、ユーヌスを貪るのではなく、捕らえるようにしました。魚のお腹の深さから、預言者ユーヌスは彼の主に呼びかけました:

لا إلهَ إلا أنتَ سُبْحَانَكَ إِنِّي كُنْتُ مِنَ الظّالِمِيْنَ

あなたの他に神はいません。あなたを賛美します。本当にわたしは不正を行なう人でしたと」

このドゥアでは、ユーヌスはアッラー以外に崇拝に値する方はいないことを認識し、自分の悪行と罪を認めました。これはアッラーの預言者であり、彼自身の不正行為を認め、謙虚に彼の主の赦しを求めています。ユーヌスがこのドゥアを唱えた後、大きな魚は海の上まで泳ぎ始め、ユーヌスを無事に海岸に吐き出しました。

Qur’an 21:88

「それでわれらはかれに応えて、かれをその苦難から救いました。このようにわれらは、信者たちを救うのです」

罪を犯さないことは、災難を防ぐための非常に重要な方法の一つです。イスラームは、いくつかの行動の結果に対して私たちに警告しています。正しい生活を送ることにより、アッラーの怒りを避けることができます。これはもちろん、災害の防止に役立つ1つの方法にすぎません。タウバ(改心)することは、災難の発生を防ぐのに役立ちます。

したがって、私たちのすべての問題の解決策は私たちの手の届くところにあります。私たちがしなければならないのは、アッラーに立ち返ることです。私たちが自分自身の闇に直面したとき、ユーヌス(彼に平安あれ)がしたように、私たちはアッラーに呼びかけるべきです。

No.5

يَا مُقَلِّبَ الْقُلُوبِ ثَبِّتْ قَلْبِى عَلَى دِينِكَ

心を変えるお方よ、あなたの宗教に私の心をしっかり固定させてください。

シャハル・ビン・ハウシャブは次のように述べています。「私はウムサラマ(預言者ムハンマドの妻)に尋ねました。アッラーの使徒(ﷺ)があなたと一緒にいたときに最も頻繁に言ったドゥアは何でしたか?

彼女は次のように述べています。彼が最も頻繁に言ったドゥアは次のとおりでした。心を変えるお方よ、あなたの宗教に私の心をしっかり固定させてください。彼女は続けて言いました。アッラーのメッセンジャー(ﷺ)に尋ねました。なぜこれをそんなに頻繁にドゥアするのですか?

アッラーの指の二本の指の間にいない人間の心はない。だからアッラーは彼の望みの者を導き、望みの者を逸脱させる」 スナン・アット・ティミティのハディース#3522

私たちの最愛の預言者(ﷺ)が、この地球上で最も美しい特徴と特質を持っていながら、これが彼の最も頻繁なドゥアならば、私たちはこのドゥアを豊かに暗唱することにもっと気を配るべきです。アッラーが私たちにそれを容易にしてくれますように。

Related Post